若手司法書士法人4社合同でRPAを用いた登記書類の自動作成の共同研究及び実運用を開始

2020年2月14日

若手司法書士法人4社合同でRPAを用いた登記書類の自動作成の共同研究及び実運用を開始

明成司法書士法人は、若手4社合同でRPAを用いた登記書類の自動作成の共同研究及び実運用を開始しました。

定型業務の効率化を極限まで進め、未来の司法書士が本当に費やすべき法的思考や判断、顧客とのコミュニケーション、更には新たな法的サービスの開発に時間を使えるようにすることが私たちの目的です。

RPAを組むにあたり、既に税理士業界において一定のRPA導入実績のある会計事務所RPA研究会(https://tax-rpa.com/)に依頼を行い税理士業界のRPA導入で培ったノウハウ、ナレッジを司法書士業界にも活かしてもらえるよう4社とともに共同研究及び具体的なRPAプロダクトの組成を行っています。

来るAI時代に備え、若手司法書士法人自らが司法書士業界の未来を本気で見据えて、取り組むRPAプロダクトを司法書士業界の変革期のこの時期にリリースすることをお知らせいたします。

詳細や会社概要が記載されたプレスリリース記事はこちら

若手司法書士法人4社合同でRPAを用いた登記書類の自動作成の共同研究及び実運用を開始